FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道登山記 5~6日目

夜は思ったほど強風では無かったけど

それでも風の音で何度か目を覚ましたかな。

同じ場所にアライテントを張っていたご夫婦は

夜の風でポールが割れたらしい。

起床はいつもどうりの2:30。

あたりはまだまだ暗くて分かりにくいが

昨日の晴天とは違って

どんよりと重そうな雲が立ち込めている。

山岳天気予報でも今日・明日と

あまり良い予報は出ていない。

今日のような長丁場で上り下りが激しい日は

せめて晴れ間が出てくれるといいのだが。

かすかな期待を胸に4:30出発。

出発してすぐに長~い下り。

出発時は怪しい天気だったが歩き始めてすぐに

突然降り始める。

急いで雨装備に変更するも

カメラも濡れてしまいレンズが曇ってしまったので

それ以降はほとんど出番なし。

スマホは防水なので気にせずがんがん撮れるのだが

グローブをしているせいで反応せず。

いちいち脱ぐのも面倒なので

この日はほとんど画像無し。

まあ撮る写真もほとんど無かったのだが。

IMG_4615s.jpg

IMG_4619s.jpg

IMG_4620s.jpg

IMG_4621s.jpg

スタート地点からツリガネ山・コスマヌプリを越えるが

標識すらないので知らない間に通り過ぎていった。

そして本日のメインイベント

オプタテシケ山が見えてくる。

IMG_4622s.jpg

IMG_4624s.jpg

IMG_4627s.jpg

近づいてくると改めてこの山の高さに

ちょっと引き気味になる。

だってここは縦走路なのに

標高差500mを登って200m下り

さらに150m登るってどうゆうこと??

文句を言っても始まらないので

オプタテシケの取り付きから登りはじめる。

悲しいかな。体は完全に山仕様になっているので

たいして疲れもせず1時間半ほどで

らくらく登頂。

IMG_4631s.jpg

ただ気温もたぶん10~13℃前後で風も強いし雨も降っている。

歩いているときはいいんだが

止まると寒くて立ち止まっていられない。

オプタテシケを超えて最後のベベツ岳のあたりで

IMG_4633s.jpg

あまりの寒さに低体温症になるんじゃないかと

心配になる。

とりあえず菓子パンを食べてエネルギー補給するも

その直後、歩きながらだんだん視界が白くなっていく。

自分でも 「あれ?やばいかな~」

と思いながら歩いていたが

ある衝撃の事実に気付く。

視界が白くなってきたのは低体温症ではなく

ただガスが濃くなってきただけ。

体はかなり寒いけど足取りもしっかりしてるし

意識もしっかりしているというか普通。

結構自分の体は頑丈に出来てるみたいだ・・・。

ベベツを通り過ぎやっとこさ本日の宿泊地

美瑛富士避難小屋に到着。

ここの区間のコースタイムはだいぶゆるい設定らしく

こんな状況の天気でも

スタートから7時間とだいぶ速いペースで歩けた。

すぐに乾いたウェアに着替えて

ラーメンを食べてやっと体も暖まってきた。

ここの宿泊者は昨日のテン場にいたメンバーと同じ7人

みんなゴロゴロしながらいろんな山の話をする。

このあたりを歩く人はみんな

結構な登山経験があるので

どこの山のどこが辛いとか

今までで一番綺麗な景色はここだったとか

北海道の山の中にいるとは思えないほど

日本全国の山の名前がポンポンと飛び交う。

8時ごろにはみんな自然とシュラフに包まり

ご就寝。

翌朝。小屋から外を覗くも

真っ白でよく見えない。

本日最終日も天気はいまいちか~。

最終日ぐらいは晴れてほしかったんだがしょうがない

いつもどうり4:30には出発。

昨日以上に真っ白なのでデジカメはしまったまま。

最初の美瑛岳をGETして

IMG_4638s.jpg

最後のピーク十勝岳を目指す。

昨日より強風で場所によっては耐風姿勢をとらないと

立っていられない場所も。

十勝岳への道はまっ平な場所が多く

よ~く踏み跡を追っていかないと

どこに向かっているのかわからなくなる。

さいわい森君のGPSで捕捉しながら歩いていたので

迷うことはなかったが。

さあそしてこの旅最後のピーク十勝岳に到着!!

IMG_4639s.jpg

御覧のとうりあたりは真っ白。

ここからは登りかえすことも無く

ゴール地点までのビクトリーロードを

のんびり楽しみながら歩く。

下りながら随分すれ違う人が多いな~と思ったら

ある程度降りてくると天気も良くなってきた。

DSC_0412s.jpg

DSC_0414s.jpg

どうも上空だけ雲に包まれていたようで

天気は回復傾向にあるみたい。

のんびり下ってゴールの吹上温泉へ。

6日間の汗を洗い流し

6日ぶりのご褒美ビールで乾杯!!

DSC_0418s.jpg

たまらんね~。

その後タクシーで上富良野の定食屋に行き

ビール・餃子・カツ丼と食べたいものを食べまくる。

上富良野で森君とはお別れ。

森君は札幌まで。自分は釧路へ。

本州の山で再開することを約束し

ここで別れたのでした。




お盆休みの層雲峡~十勝岳の縦走記はこれにて終了

初めての5泊6日の山旅。

はじめこそいろいろな不安があったが

終わってみれば楽しい思い出しか残っていない。

思い出のトムラウシは以前と変わらずそこにあったし

その先の憧れの十勝岳への縦走路もちゃんと歩けた。

持ち物に関しても完璧で

持っていった食料は計算どうりすべて消費し

ガス缶も完全に使い切った。

装備の不具合・忘れ物も全く無く

持っていったすべてのギアを使いこなした感じ。

予定していた停滞も行動予定も計算どうりで

入山下山口の交通機関の時刻も完璧。

ほんと今までの山の経験をだしきった

完璧な山旅だったと思う。

そしてスタートからゴールまで

いくつのピークを超えてきたのだろう。

また少し山に近づけた気がした夏休みでした。






スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Dsuke

Author:Dsuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。