スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北100名山GETの旅 鳥海山アタック2日目

やっと少し時間が出来た!

今日やらなければ次の冬がやってきてしまいそう。

それでは滑走編のはじまり~


昨夜は風はそこそこ吹いていたが

暖かい風が吹いていたため

全く寒さを感じることなくグッスリ寝れた~

翌朝テントから顔を出してみると暗くて分かりにくいが

いい天気な予感!

resize0647_20160721185631257.jpg


日が昇ってくると昨日は見えなかった頂上がくっきりと姿を現す

resize0649_20160721185635550.jpg

resize0652_201607211856368f5.jpg

昨日より背中もぜんぜん軽いしいざ出発!

resize0651.jpg

resize0654.jpg

2日目はルートファインディングはそんなに必要ないが

より斜度が緩くより効率よく進めるルートを考えながら進む

resize0655.jpg

resize0656.jpg

resize0658.jpg

resize0659.jpg

resize0662.jpg

resize0664.jpg

テクテク。

resize0665.jpg

resize0667.jpg

resize0750_201607211900599fb.jpg

resize0752_20160721190059374.jpg

resize0753_20160721190102574.jpg

快晴なので楽しみながら歩く。

後ろには日本海も見える

テクテク。テクテク。

resize0756.jpg

resize0757_20160721190104972.jpg

resize0757_20160721190104972.jpg

resize0761_20160721190254b8f.jpg

resize0763_20160721190256581.jpg


なかなか頂上が近づいてこない

更にテクテク。テクテク。テクテク。

標高をあげるとだんだん千蛇谷の全体が見えてくる

resize0764.jpg

resize0766.jpg


なかなかスケールのでかいエリアだ~。

斜度も急ではないので雪崩の心配はあまり無いが

右側のゴツゴツした岩の落石や点発生雪崩が少し怖い。

スタート地点でほぼ同じ時刻に出発した男性2人と談笑しながら

resize0770_20160721190422898.jpg

resize0773.jpg

resize0774_20160721190424833.jpg

resize0777.jpg

resize0776.jpg

resize0778_20160721190522126.jpg


さらに上を目指す。

途中足跡を発見しどこから登ってきたのか確認すると

resize0768_20160721190300aec.jpg

右側の岩稜帯のあたりから谷に下りてきている

よく足跡を見ると前爪5本の比較的ワイドなスノーシューを履いている。

resize0769.jpg

・・・・・。そんなスノーシューあるわけないよね。

もしかしてアイゼンだとしても前爪5本って

やつらはもう冬眠から覚めているようです!!

春だな~~!!

しばらくは熊さんトレースを追いかけて登っていく。

やがて一番いやらしいポイントに到着。

resize0779_20160721190523d30.jpg

resize0781_20160721190524eaf.jpg

左から大きく迂回したかったのだが

大きな岩ときつい斜度で迂回できず

細く急なここを突破しなければいけない。

いつもツアーでお世話になっている教えに従って

一人づつ途中で止まらずに一気に登りきる。

そこを過ぎるとやっと頂上に近づいてきた。

resize0782_20160721190622196.jpg

resize0784_201607211906238eb.jpg

resize0786_20160721190625310.jpg

resize0787_20160721190627127.jpg

resize0788_20160721190628caf.jpg

ここからは吹き飛ばされそうな風の中

風のタイミングを見計らって最後の急登をガシガシと直登で登りきる。

そこを登りきるとやっと9合目の大物忌神社と小屋に到着。

resize0789.jpg

そこからはスプリットをデポしてアイゼンに履き替え

一気に頂上を目指す!!

スタートから約6時間やっと頂上に到着~~!

resize0795_20160721190721c53.jpg

resize0796_201607211907234a9.jpg

頂上は爆風が吹いてて立っているのがやっと。

それでも他のルートからやってきた登山者・スキーヤーなど

一気に人口密度がアップ!

ここでは千蛇谷方面のから雪の状況を聞かれたり

他の登山口からの情報を交換したりと爆風の中で談笑!!

GPSをよく見てみるとどうもそのすぐ先がホントの頂上らしい。

resize0800_20160721190832323.jpg

あぶね~。ここまで来て頂上ゲットならずになるとこだった。

ただそこまでの数十歩がさらに爆風・・・。

なんとか辿り着いたが岩から手を離すと飛んでいきそう。

resize0804_20160721190833ea0.jpg

なんとか風の裏側まで戻り

ご機嫌にデポ地点まで戻る。

resize0808.jpg

resize0812.jpg

resize0811_20160721190838ce8.jpg

resize0814_20160721191129225.jpg

さぁ。お楽しみの滑走と参りましょう!!

この広いエリアをどこでも滑って良いんだぜ~~!!

resize0816_20160721190932188.jpg

準備はいいかい?ア~ユ~レディ~~??

resize0817_20160721190933fc2.jpg

うひょ~~~~!!!

たまんね~ぜ~~!!

途中で位置を確認しながらさらに滑走は続く!!

resize0818_201607211909356f6.jpg

resize0819_20160721190936f7f.jpg

ヒ~ハ~~~~

resize0820_2016072119093863c.jpg

resize0821_201607211910376a3.jpg

resize0822_2016072119103938e.jpg

resize0824_201607211910407a3.jpg

resize0825.jpg

板もガンガン走るし!シャウダーがたまらん!!

登り6時間 滑走20分の極上タイムの終了!!

resize0826.jpg

いや~~これだからたまらんぜ~~~!!

resize0873.jpg

さてテントを撤収して下山しますか~

ここからは真剣すぎて画像無し。

昨日のスノーブリッジもあと数日で崩壊しそうなほど雪解けが激しい。

何度も膝まで雪解け川を踏み抜き、ブーツの中までびしょびしょ。

それでもやっとスタート地点に戻ってきた~!!

resize0830_2016072119113137e.jpg

resize0831_20160721191134e3a.jpg

resize0877.jpg

おつかれさ~~ん。

充実の2日間が終了。

帰りの車で移動中 鳥海山がくっきり姿を現してくれました!


初めての雪中キャンプ、重荷のバックカントリー。まだまだ未熟なスプリット

いろいろ大変だったけど楽しい思い出しかない。

シーズン中の休日は全て滑って登ってと過ごし

時にはツアーに参加し経験を積み

シーズン最後にその成果を出しきれたいい旅でした。

これだからこの遊びはやめられないね。

遊ぶなら本気で!

これをモットーに夏山へとシフトしていきます!!






スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

東北100名山GETの旅 鳥海山アタック編

さて明けて翌日

うす曇だが悪くない天気。

あいにく鳥海山の山頂はガスで見えないが

はるかかなた先なので今から心配してもしかたね~か!

まずはザックにテン泊装備を詰め込んで

サイドコンプレッションのベルトを利用して板をくくりつける

通常のテン泊装備約20キロに加えて

スプリットボード&シール + アバランチギア 合計約7キロぐらい?を背負う。。。。

重い・・・・。今まで担いだ中で一番の重さだ~

今回はスタートが海抜約400m~頂上2236mまでのロングコース

予定では1000~1200mぐらいの場所にテントを張るつもりだが

あまり事前情報が無いのでどうなるかは行き当たりバッタリしかあるめ~な!

そんでは出発!!

resize0636_20160629190537980.jpg

resize0635_201606291905375f7.jpg

resize0728.jpg

resize0638_20160629190540f76.jpg

ここにはあがりこ大王という名前のでっかいブナの木があるので

そこの散策路のまずは木道からスタート

10分も歩けば木道終了。

そこからは登山道もマーキングも全く無い藪と湿原の森の中を

GPS・地形図・コンパスと目の前の地形変化を頼りに進んでいく。

resize0874_20160629190704d00.jpg

resize0642_2016062919161308e.jpg

まったくもって写真を撮る余裕も無く

一歩一歩肩に食い込むザックと時々踏み抜く残雪にヒーヒー言いながら

こんな感じの森を3時間ほど歩き続ける

そうそう説明し忘れたけど

自分が背負っているのはスノーボードを半分に割った

スプリットボードという板。

これのメリットは歩くとき(雪上限定)はスキーのように両足に板を履いて

シールと呼ばれる滑り止めをソールに張ることで

斜度のある場所でも登っていける。

そんでもって滑走時には割れた板をスノーボードモードに合体させて

ヒ~ハ~~~!!と滑れる優れもの!

これのおかげで行動範囲が広がります!

さらにすでにスプリットボーダーの方にご連絡。

今回のようなロングルート + 土や雪のミックスルートの場合

普通のボードブーツではなく

歩きに特化したスプリット専用ブーツが有効!!

ちなみに自分はDEELUXE スパークXVでインナーを専門業者さんに

しっかり焼いてもらった俺俺使用になってます!

ソールもビブラムでガッチリしているので

重荷を背負ってもブーツがへこたれません

話しは脱線したがやっとこさ雪が多くなってきて

結構な急登をあがるとそこにはパラダイス!!

resize0732_20160629190704cdd.jpg

ではなくやっとスプリットで歩けるぐらいの雪が登場。

やっと背中が少し軽くなったよ

そこからは緩やかな尾根を登っていき

一番懸念していた渡渉地点に到着。

resize0643_201606291916148e6.jpg

resize0738_20160629191141f9a.jpg

なんとかスノーブリッジもつながっているので

対岸に渡ることが出来た。

さらに歩くこと数時間。やっと1100メートル付近に到着

resize0731_20160629190704fd7.jpg

resize0739_20160629191142509.jpg

resize0644_201606291916151ee.jpg


まわりは藪がまだ顔出している箇所もあり

風を避けるためにも森林限界は超えたくない。

さらにこれ以上頑張って標高をあげて進んでも

明日テントを張ったまま頂上に向かうのだが

頂上からの滑走距離が登れば登るほど短くなってしまう

今日は重い荷物で頑張ったし残りの1100メートルは明日にすんべ~

ってことで設営タイム!!

resize0742_201606291912369a7.jpg

resize0743_20160629191238b2c.jpg

初めての雪上テント設営だったけど

特に困るような問題は無くてよかった!

自作した雪用ペグもしっかり刺さったし

あとは持ってきたウィスキーをチビチビやりながら

ゆっくりとした時間を過ごす。。

resize0645_20160629191309c01.jpg

resize0746_20160629191310d23.jpg

そうそう周辺雪だらけだからカップに雪を入れてウィスキーを注げば

いつでもロックの出来上がり!もっと持ってくればよかったな~。

お楽しみの滑走はまた明日~~



















テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

蒸し暑いので涼しい話題を

梅雨に突入し

ムシムシ ジメジメ過ごしにくい毎日ですが

いかがお過ごし??

事務所内はクーラー効いてるので

暑い外から中に入ると再び外に出るのがなかなか難しいです。

そんな時こそ涼しい話題で少しでも清涼感を!!


そんな今年のGWのお話です

毎年GW時期は遠方の100名山GETの旅が恒例でしたが

九州・四国・山陰と西方面の100名山は完登済み

そうすると紀伊半島・関西方面の100名山を狙いに行くのだが

今年は趣向を変えて未だ手付かずの山が残る東北へ

しかも今回は夏山登山ではなく

雪山を登り滑って降りるいわゆるバックカントリーにてピークハント!

目標は 会津駒ヶ岳 月山 鳥海山 の3座

会津駒ヶ岳 月山は日帰り 鳥海山は山中一泊でピークハント

どんな旅になるのやら。

それでは旅のはじまりはじまり~~!!


時はさかのぼること4月28日。

同行者が北海道から来京するのを待って出発!

当初の予定では会津駒ヶ岳~月山~鳥海山と順番に登る予定だったのだが

運が良いのか悪いのか28日は季節外れの寒波で標高高い山は雪。

翌日29日も天候が良くない予報なのでスタートから予定変更

駒ヶ岳はとりあえず帰りに行くとして

まずは北上して天気の様子を見ながら残りの2座を登るようにしよう!

28日の夜とりあえず盛岡あたりまで走り車中泊。

翌朝とりあえず八幡平の藤七温泉に浸かるため八幡平に向かうと

積雪のため通行止め

そんな積もってるわけ無いでしょう。まったくも~。

GW初日に通行止めにしたら予約してたお客さんはどうすんだい?

致し方なくとりあえず八幡平を回避して安比をかすめて

日本海側に出るため裏道の細い道を見つける。

標高をあげていくと徐々に路面に雪が。

resize0585_20160623181306997.jpg

念のためスタッドレスを履いてきたため問題ないが

峠の頂上付近は完全に雪山景色。

路面にも新雪10cmぐらい

これなら八幡平の通行止めも納得。

途中鹿角の市街で名物ホルモン鍋を食い

resize0589.jpg

能代の手前の無料のキャンプ場に到着。

resize0592.jpg

resize0593.jpg

併設の温泉でさくっと浴びたら

ここからがお楽しみの炭火タイム。

比内地鶏が有名な地域なのでもちろんきりたんぽ鍋で決まりでしょ!

resize0591.jpg

鍋ができるまでいぶりがっこをポリポリやりながらビールから熱燗へ。

この時期はまだ虫も少なくて快適快適。

ごぼう・鶏肉・せり・舞茸・きりたんぽと王道の具材をチョイス!

外飯・外酒はうまいな~

翌朝残ったスープにラーメンと残りのセリを足して

比内地鶏ラーメン完成!!

このラーメンが抜群にうまかった~

とりあえず予定は変わったが旅にアクシデントはつきもの!

明日はどうなるのか??次回に続く!!









テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

静かな一日。。。

お預かりしていた修理車両を

全部納車して

本日静かな工場です。

まあこんな日もありますね。

そんな時は普段忙しくて

出来ないことをしましょう。

まずは工場内の床が汚かったので

隅々まで掃除機でお掃除。

お次は事務処理作業。

自賠責保険の満期の確認と入力作業。

午後になっても静かな工場

まぁこんな日もあるよ・・・・。

そこにビックスクーターに乗っている

お世話になっているお客さんから一本の電話が。

客「あの~ちょっと聞きたいことあるんですけど

今忙しいですか??」

俺「全然大丈夫ですよ~。どうしました??」

客「あの~今日はバイクのことじゃなくて

スノーボードの板についてなんですけど・・・

なんでもバックカントリーに週末行くんだけど

予定していたボードが週末までに間に合わなくなってしまい

もし使ってないボードがあれば借りれないかとの事。

旧ボードをすでに売ってしまったため

手元に無いことを説明すると

パウダーボードってそんなにいいですか~??

そこから自分の少ない経験から

パウダーボードにして良かったこと悪かったことを

説明させてもらいました。

ちなみに今年からバックカントリーをやりたいんだけども

っていうご質問も別のお客さんから

されました。

たいぶお客さんの間にも

スノーボードやってること

山登りやってることが浸透してきて

急な土曜日休みもとりやすくなってきたかな??



以上  椅子の修理からスノーボードまで

はたまた山岳ギアからツーリングギアまで

外遊びのことならお任せの

修理屋の徒然なる日記でした。


テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2015 ウィンターシーズン途中報告

朝から冷たいみぞれが降ってますね。

そしてこんな日は来店も少ないと思いますので

今シーズンの途中経過などをご報告。

というか自分のための備忘録。

今年のシーズンインは12月の第1週かぐらから。

去年新幹線日帰りを知ってしまってから

DSC_0612s.jpg

病み付きになって

かぐら行くなら新幹線!と決めております。

今年は板を新調したので

DSC_0602s.jpg

年末のニセコに向けて

慣らしをかねて滑りまくっていた12月。

第1~2週はかぐら。

3週目は今シーズン初の白馬八方。

今年は毎週末ごとに強い寒波が来ていて

連日パウダーと戯れる素晴らしいシーズンイン。

29~1/4まではいつものニセコの宿で

DSC_0628s.jpg

一年ぶりに会う仲間と毎日

滑って・食べて・温泉入って・飲んでの繰り返し。

DSC_0650s.jpg

IMGP0263s.jpg

IMGP0262s.jpg

DSC_0646s.jpg

DSC_0630s.jpg

初詣は去年と同じく

狩太神社にて。

DSC_0640s.jpg

去年は半吉という中途半端な

おみくじだったが

今年は大吉ゲット!

DSC_0641s.jpg

そのおかげか今年も怪我せずちゃんと帰ってきました。

明けて最初の週末。

今季初の白馬へBCツアー @ カラー。

素晴らしいコンディションの山ノ神ルート。

IMGP0271s.jpg

翌日は夜からドカドカ降る予報だったので

パウダーで有名なシャルマン火打へ移動。

夜間駐車場立ち入り禁止を(あまりに豪雪地帯のため車埋没の回避のため)

知らずにゲレンデまで来てしまったが

あまりの降りっぷりに危険を感じ下界に避難。

翌日素晴らしいパウダーを予定していたが

新潟の雪は自分には重すぎた・・・。

午前券を消化する前に

キャヒンキャヒン尻尾を巻いて逃げてきました。

時間もまだまだあることなので

下道で群馬の沼田方面のゲレンデを目指す。

途中やはり日本海側に来たんだからと

評判のいい回転寿司やでたらふく食べて

DSC_0652s.jpg

新潟の中でももっとも豪雪地帯の

妙高・十日町付近を雪道ドライブで楽しみながら

オグナほたかのゲレンデに到着。

翌日は強風のためリフトが動いたり止まったりを繰り返す。

根気よくリフト運行を待っていたんだが

痺れを切らして午後にはお帰りコース決定。

翌週は仲間と丸沼で滑りまくり

DSC_0665s.jpg

1月最後の週は一人でかぐらのバックカントリーへ。

年始の遭難騒ぎ以降ゲレンデもパトロールも

なんだか以前とは違う雰囲気。

まああの事件で一番迷惑を被ったのはかぐらのゲレンデでだろうし

ゲレンデにとっては勝手にコース外を滑って

遭難してレスキュー要請は受けるは

マスコミや警察に叩かれたんじゃ

たまったもんじゃないと思う。

この件に関しては賛否両論あるとおもうので

あまりすっこんだ話はやめておこう。

まあ予定していた滑走が出来なかったので

秋にかぐらに事前調査に行ったときに

気になっていた斜面があったので

そこを探検してあとはゲレンデでおとなしく

滑ってました。

IMGP0283s.jpg

IMGP0282s.jpg

今年はゲレンデでかなり滑り込んでるから

筋力もだいぶついてきているので

シーズン後半戦の滑走が楽しみでしょうがない。

本当に好きな事はやってもやっても物足りないと言う

典型的な雪バカの備忘録でした。








テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dsuke

Author:Dsuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。